令和5年度を迎えて

千葉大学教育学部附属中学校長 樋口咲子

 芽吹きはじめた新緑と、色とりどりの花々に囲まれた美しい季節になりました。令和5年度、本校は147名の新入生をお迎えしました。新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

 本校の学校教育目標は、「自己理解、自己決定、自己実現」です。自己という言葉が繰り返し3回も出てきます。中学生という時期は、自己・自分というものについて考え始める時期です。そして、人として大きく成長できる大切な時期です。中学時代に育んだ価値観や生きる力は、その後の人生に大きな影響を及ぼします。そのため本校では、日々の学習活動や学校生活、学校行事の中で、自分個人で、またはグループで、「考える」機会を多く設けています。それは、皆さん自身に、その時の状況に応じて、どのように行動すべきかを主体的に考え判断できる人になってもらうためです。部活動も短い時間に集中して行います。そのため、家庭での時間を長く取ることができます。その時間を決して無駄にしないでください。中学生という多感な時期に、たくさんの本を読んで視野を広げてください。また、中学生は、知識の吸収や技能の習得能力が非常に高い時期です。教科の勉強以外にも様々なことに挑戦してください。

 新入生の保護者の皆様、お子様のご入学、誠におめでとうございます。本校は大学との連携による特色ある教育活動や研究を行っているところに特徴があります。そして、教育活動全般にわたり、ICTを積極的かつ効果的に活用しています。また、総合的な学習の時間の多くを学年縦断のゼミ制で実施し、探究的な学習を精力的に推進しています。さらにグローバル対応にも力を入れています。その一つに、2年生では、福島県にあるブリティッシュ・ヒルズという施設で異文化理解と英語研修を行っています。これから3年間、保護者の皆様と連絡を密にし、協力し合って、お子様の成長を支えてまいります。

 先輩である2年生・3年生の皆さん、各学校行事や部活動、生徒会活動や探究の時間など、様々な場面で、1年生が中学校生活を楽しめるよう、導いてあげてください。そして、本校の自由な校風の中で、新たな附属中学校の伝統を、全員で創り上げてください。

 日頃、本校の教育活動の推進にご理解とご協力をいただいております関係の皆様には、心より感謝を申し上げるとともに、今後も変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
043-290-2493